SSブログ

【ネタバレ】西川浩幸の魔力。 [トリツカレ男2012]

  昨年4月に、「左前頭葉皮質梗塞」で入院し、「ろれつが回らない」状態になった西川浩幸。
 http://caramelbox-kato.blog.so-net.ne.jp/2011-04-22
 
 まだリハビリ中の状態で、『流星ワゴン』で舞台に復帰。脳梗塞に詳しい方からは「奇跡の復活」と言われましたが、まだつっかかることがあります。しかし、それが起きることに法則性が無いため、練習してどうなる、という問題でもなく。
 僕らは、そんな西川といっしょにやっていくことを選択しました。
 もし、「あんなにセリフをつっかえる役者がいるのならもう見ない」とか「金返せ」というお客さんがいらっしゃったら、甘んじて受けよう、という覚悟もあります。
 
 しかし、今回やっていて、「親の欲目」みたいなものかもしれませんが、セリフを噛むことよりも、西川がそこにいてタタン先生として生きていることの凄さに圧倒されています。

 畑中や星野さんとの会話において、もう、タタン先生でしかない、という。
 
 そして、そんな完全に癒えた状態でも無いのにロープウェイのシーンも初演通り、いや、それ以上に高いところからの「あれ」をやり遂げる姿には、「プロ」という言葉以上の覚悟を感じてしまいます。
 
 自分のところの役者の、しかも30年近い付き合いのヤツのことをどうこう書くのは照れますが、世の中の脳梗塞のリハビリで辛い思いをしていらっしゃる方たち皆さんの力にもなるだろうな、とも思います。
 

ITO02061.jpg
 
ITO02195.jpg
 
 
ITO51631.jpg
 
 
ITO02664.jpg
 
 
 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。